会長の写真

平成27年度より北陸信越地区部会長を仰せつかりました。
 この地域には、多くの加工に関連した企業があり、当社は、複合加工機、ガラス等の研削加工機を製造販売しております。その中で、私は、技術開発部門を担当してまいりました。先端加工学会には発足当時から、また、砥粒加工学会にも同時期から、お世話になりました。特に先端加工学会のことが思い起こされますが、砥粒加工学会が組織され、現在の連携・関連が作られてきましたのも、諸先輩方の努力によるものと感謝しております。

 このたび、北陸新幹線が開通し、新潟、長野、富山、石川、福井の5県のアクセス時間が縮まりました。

また、関東、関西、中部へのアクセスも容易となり更に技術交流を高めていく機会とおもっています。これを機会に地区部会の交流が活発になればと考えています。活動は、地域のオフィシャルな研究会だけでなく、地域の産官学の研究者間の個々の交流活性化により魅力ある北陸信越地区部会にしていきたいと思います。

 企業にとって大切なのは、人材です。これからの日本を支えるものづくりにとって欠かせないことです。

この地域の大学の研究室が活性化し、魅力ある、優秀な人材が育ち、企業で活躍する。企業は、新たに地域のその研究室と共同で、新たな技術、製品、ビジネスを生み出していく。個々のつながりが大きなうねりになり、この関係がうまく回るように、地区部会が、その一助を担うようになればと思います。

 また、他の研究分科会・専門委員会との交流も大切にしていきたいと思います。

特に大切なことは、人と人との交流です。地域に根差した北信越地区での交流の活性化を目指してまいります。

会員皆様方のご支援・ご協力をお願いいたします。


公益社団法人 砥粒加工学会・北陸信越地区部会
                部会長 沢田 学(中村留精密工業株式会社)