The Japan Society for Abrasive Technology

砥粒加工学会誌

砥粒加工学会では、2006年から始まったJ-STAGEによる論文の電子公開につづいて、2014年3月1日より、論文の投稿・査読を電子化します。 電子化によって、書類の郵送に要する時間が無くなり、また原稿の印刷が不要となり著者の作業が軽減されます。 ひいては査読期間が短縮され、迅速な情報発信につながると期待されます。

新しい電子投稿・査読システムでも、これまでと同様に特急校閲を受付けます。 査読期間を2週間に設定し、概ね1ヶ月以内に採否決定を行います。 従来通り、別途2万円を申し受けますが、「掲載否」の場合でも返還しませんので予めご承知おきください。

電子投稿・査読システム(Editorial Manager)ログインページ

電子投稿・査読システムについて

ファイル名ダウンロード
論文の投稿・査読の電子化について
電子投稿・査読システムの使い方

著作権規程

ファイル名ダウンロード
著作権規程

執筆要綱

ファイル名ダウンロード
「砥粒加工学会誌」執筆要綱
別紙掲載料金等

原稿作成要領

ファイル名ダウンロード
“論文”の場合
“特集”の場合
英文要旨テンプレート
“ABTEC講演前刷”の場合
“ABTEC同時投稿論文”の場合

「砥粒加工学会誌」原稿連絡票

ファイル名ダウンロード
“論文”“速報”の場合
上記以外
手書き用