東芝機械株式会社
http://www.toshiba-machine.co.jp/jp/index.html
豊田バンモップス株式会社
株式会社豊幸
株式会社 クリスタル光学
株式会社ジェイテクト
三鷹光器株式会社

第16回研究講演会開催報告(2017年12月20日)

12月20日中央大学駿河台記念館にて,「ダイヤモンド&cBNを中心とする超硬物質のレーザ加工最前線」をメインテーマとした第16回研究講演会を開催しました.この分野でご活躍中の4名の講師により,近年注目されている炭化ケイ素,cBN,ダイヤモンド等の硬脆物質のレーザ加工技術,特に超短パルスレーザを用いた高精度・高品位加工技術および最新のレーザ加工機の動向に関する講演が行われ,同時に学術的,工業的,さらには実用的な側面からの活発な質疑・討論が展開されました.研究講演会には57名の方々にご参加いただき,盛況のうちに終了しました.講演会後の技術交流会にも多数の皆様にご参加頂き,講師の方々を囲んで和やかな交流が行われ,充実した一日となりました.

「CBN&ダイヤモンド先進加工研究専門委員会」 第17回研究講演会開催案内

今回は「研削加工のメカニズムと世界をリードする先進研削盤技術」をテーマとして,ものづくりの中心的役割を果たしている研削加工に焦点を合わせた講演会を企画しました.当該分野でご活躍中の方々を講師としてお招きし,前半では,難解な研削加工のメカニズムをわかりやすく平易に解説していただきます.後半では,その研削加工の原理を巧みに応用して究極的な高度加工機へと発展させた「世界をリードする先進研削盤技術」について,主に自動車産業での

第16回研究講演会「ダイヤモンド &cBNを中心とする超硬物質のレーザ加工最前線」

第16回研究講演会を下記のとおり開催いたします.

今回は「ダイヤモンド&cBNを中心とする超硬物質のレーザ加工最前線」を統一テーマとする講演会を企画しました.近年,炭化ケイ素,cBN,ダイヤモンド等の硬脆物質のレーザ加工技術, 特に超短パルスレーザを用いた高精度・高品位加工技術が注目されています.本講演会では,当該分野の第一線でご活躍中の方々を講師としてお招きし,「レーザ加工の原理と硬脆材料加工への応用」,「LASERTEC Precision Toolの特長と加工事例」,「Precise and efficient solutions for machining of diamond tools on LaserSmart 501」,「短パルスレーザで刃先成形されたcBN/CVDダイヤコーティング工具の切削性能」について講演していただきます.

これらの講演内容に興味をお持ちの方ならどなたでも歓迎しますので,お気軽にご参加いただきますようご案内申し上げます.

第15回研究講演会開催報告(2017年8月7日開催)

2017年8月7日に中央大学駿河台記念館にて「精密加工を支える機械要素技術」を統一テーマとする講演会を開催しました.研削・研磨をはじめとする精密仕上げ加工は,工作機械を構成する軸受や案内面などの機械要素技術の高度化により支えられています.そこで,当該分野でご活躍中の4名の講師をお招きし,「気体軸受の基礎と当研究室における研究例」,「円筒研削盤の砥石軸用動圧軸受」,「水冷却機能を備えた水静圧スピンドルの開発」,「精密加工機用 流体潤滑スピンドルおよび案内機構」について講演していただきました.当日は36名の方々にご参加いただき,盛況のうちに終了しました.

第14回研究講演開催報告(2017年1月25日開催)

2017年1月25日に中央大学駿河台記念館にて「超硬質材料の機械的性質の最先端評価技術」を統一テーマとする講演会を開催しました.ダイヤモンド及びCBNを中心とする超硬質物質の硬さや弾性率等の機械的特性の評価はこれらの物質を応用する上で極めて重要ですが, 非常に難しい技術です.今回はこの分野の最前線でご活躍中の四名の講師をお招きし,「ナノ多結晶ダイヤモンド圧子によるナノインデンテーション」,「超微細ナノ多結晶cBN/ダイヤモンドの機械的特性」,「DLC膜の機械的特性評価試験と国際標準化」,「ナノインデンテーションとナノトライボロジー特性」について講演して頂きました.当日は34名の方々にご参加頂き,盛況のうちに終了しました.

第13回研究講演会開催報告(2016年8月4日開催)

2016年8月4日に中央大学駿河台記念館にて「先端研削盤技術とその最新動向」をメインテーマとする講演会を開催しました.ダイヤモンドおよびCBNホイールの潜在能力を最大限に活用することを目的とした研削盤の高性能化・高精度化・多機能化が推進される中,このような先端研削盤技術の研究・開発の最前線でご活躍中の三名の講師をお招きし,「研削盤の砥石安全カバーに関する国際規格制定」,「高精度を創り出す円筒研削盤の要素技術」,並びに「先端歯車研削盤と歯研技術」について講演して頂きました.当日は21名の方々にご参加頂き,活発な討論が行われました.

 

第12回研究講演会開催報告(2015年12月16日開催)

2015年12月16日(水)に埼玉大学東京ステーションカレッジにて「ダイヤモンドの高機能活用による極限に迫る超精密微細加工技術」をメインテーマとする講演会を開催しました.ダイヤモンド工具を用いた極限的な超精密加工の分野でご活躍中の3名の講師をお招きし,「炭化ケイ素製反射鏡の超精密研削加工とその応用」,「収束イオンビーム加工したダイヤモンド切削工具の表面改質とその応用」,「単結晶ダイヤモンド工具の超精密加工への応用」について講演して頂きました.当日は28名の方々にご参加頂き,盛況のうちに終了しました.

第11回研究講演会開催報告(2015 年5月22日開催)

2015 年5月22日(金)に明治大学駿河台キャンパスにて第11回目となる研究講演会を,この度第100回目の節目を迎える公益社団法人精密工学会超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会との共催として「超砥粒ホイールの足跡と今後の展開」と題して開催致しました.当日は6名の講師の方に超砥粒ホイールの足跡を始めとして,超砥粒開発や超精密研削盤の開発の歩み等の講演が行われ,63名もの参加者の中で盛況な講演会となりました.

  

当専門委員会委員長 市田良夫 先生の講演 当専門委員会委員長 市田良夫 先生の講演

第10回研究講演会開催報告(2015年3月26日開催)

2015年3月26日(木)に埼玉大学東京ステーションカレッジにて「ダイヤモンド&cBN工具による先端精密加工技術」をメインテーマとする第10回研究講演会を開催しました.ダイヤモンドおよびCBN工具を用いた先端精密加工の分野でご活躍中の3名の講師をお招きし,「硬脆材料の超精密切削における主な問題点とその対策」,「ナノ多結晶ダイヤモンド/cBNの材料特性と精密微細加工への応用」,「ガラスの超精密延性モード切削」について講演して頂きました.当日は43名の方々にご参加頂き,盛況のうちに終了しました.

第9回研究講演会開催報告(2014年12月17日開催)

12月17日埼玉大学東京ステーションカレッジにて,「超音波振動援用による先端加工技術の最新動向」をメインテーマとする第9回研究講演会を開催しました.この分野でご活躍中の多賀電気株式会社 浜田晴司氏,株式会社industria 金井秀生氏,神奈川工科大学工学部 今井健一郎先生をお招きし,近年,半導体,光通信,バイオメディカル産業等の幅広い分野において研究・開発が進み注目されている超音波振動を援用した新しい高能率・高品位加工技術ならびにその中でも主要な役割を果たすダイヤモンド・cBN工具についての講演が行われました.当日は全国的な悪天候によりやむなく欠席された方もいらっしゃいましたが,外気に反して熱気ある講演,討論が展開され盛況のうちに終了しました.