東芝機械株式会社
http://www.toshiba-machine.co.jp/jp/index.html
豊田バンモップス株式会社
株式会社豊幸
株式会社ナガセインテグレックス
株式会社 クリスタル光学
株式会社ジェイテクト
三鷹光器株式会社
三井精機工業株式会社

FT専門委員会 第34回研究会開催のご案内

『未来志向形精密加工工具の開発に関する(FT)専門委員会』の第34回研究会を 10月15日(火) 13時から東京駅近くの「ハロー貸会議室・八重洲ファーストビル」にて開催致します。

今回は「生産加工技術のイノベーション」をテーマとしました。前半には、京都工芸繊維大学名誉教授 太田稔先生に「Rapid Rotation Grindingによる高品位鏡面研削」と題してご講演いただきます。また、㈱安斉管鉄 安斎聡氏にウルトラファインバブルの最新研究成果を、山田マシンツール㈱ 山田庸二氏に超音波ヘリカルスキャン研削による硬質金型の微細加工の結果をご説明いただきます。後半には、富山県立大学 岩井研究室および日本工業大学 二ノ宮研究室で取り組んだ研究結果や今後方針を具体的に説明したいと思います。

ご多用のところ恐れ入りますが、是非ご参加いただきますよう、ご予定を調整いただければ幸いです。

未来志向形精密加工工具の開発に関する専門委員会(FT専門委員会) 第31回研究会「JIMTOF2018に見る最新加工工具の潮流」

公益社団法人 砥粒加工学会
 会員各位

                  委員長 岩井 学(富山県立大学)

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

第31回研究会を 12月14日(金) 13時から東京駅近くの「ハロー貸会議室
八重洲ファーストビル」にて開催致します。
※いつもの秋葉原の貸会議室と異なりますので、ご注意ください。

今回は「JIMTOF2018に見る最新加工工具の潮流」をテーマにして
おります。高硬度材の高能率加工をターゲットにJIMTOF2018に
出展された切削工具、研削砥石、治具などについて特徴や応用事例を
ご発表いただきます。

ご多用のところ恐れ入りますが、是非ご参加いただきますよう、
ご予定を調整いただければ幸いです。

----
(公社)砥粒加工学会『未来指向形精密加工工具の開発に関する専門委員会』
    第31回 FT専門委員会 研究会のご案内

               記

FT専門委員会 第28回研究会開催の報告 平成30年3月27日

 「難加工材の高能率加工法の提案」をテーマに「ジーニアス秋葉原」にて開催した。最新工具および加工法の提案として、エレメントシックス㈱ 友田敦子氏、㈱タンガロイ 佐治龍一氏にご発表いただいた。ウルトラファインバブルに関連し、IDEC㈱ 荒木和成氏にご説明いただくとともに、当委員会で取り組んでいる最近の研究成果を富山県立大学 岩井学氏が発表した。
 当委員会の㈱古賀 古賀文雄氏に「ロータリー切削法と工具機上成形に関する研究」と題して、学位論文で取り組まれた成果をご発表いただいた。
 講演会には31名、拡大技術討論会には20名の方にご参加いただき、盛況のうちに終了した。

 

FT専門委員会 第27回研究会開催の報告 平成29年12月22日

 「ナノバブルクーラントによる難加工材の加工事例」をテーマに「ジーニアス秋葉原」にて開催した。ナノバブル水を生産現場で採用している伸栄工業㈱ 大和好行氏に導入方法およびハステロイやステンレス鋼などを切削した時に工具寿命が大幅に増大する事例をご紹介いただいた。バブル発生装置メーカーの㈱ナノデバイス 野村哲雄氏や㈱安斉管鉄 安斎聡氏に特徴および環境、潤滑機械、除去加工への応用事例を説明いただいた。ウルトラファインバブルの計測システムの現状について㈱島津製作所 島岡治夫氏にお話しいただいた。㈱三菱マテリアル 高橋亘氏にはロータリー切削の開発経緯と最近の難加工材の加工事例をご紹介いただいた。当研究グループで現在取り組んでいるナノバブルクーラントによる最新加工事例およびロータリー切削に関する最新事例も報告した。
 講演会には35名、拡大技術討論会には25名の方にご参加いただき、盛況のうちに終了した。
 

第26回研究会「高機能マイクロ・ナノバブルの生産加工への最新応用事例

1.テーマ:「高機能マイクロ・ナノバブルの生産加工への最新応用事例」 

2.日 時: 平成 29年 9月 26日(火) 13:00~17:00

3.場 所: ジーニアス貸し会議室 東京秋葉原
     (〒101-0024 神田和泉町1-12-17 久保田ビル5F)

4.参加費: 3万円/一人(懇親会費込)、4.5万円/二人(懇親会費込)
  ※FT専門委員会会員の方は無料

5.定員: 80名 

6.研究会スケジュール:

13:00~13:30 富山県立大学 工学部 知能デザイン工学科 准教授 岩井学氏
   「除去加工用マイクロ・ナノバブルクーラントの変遷と最新研究成果」

13:30~14:00 日本工業大学 工学部 機械工学科 教授 二ノ宮進一氏
   「マイクロ・ナノバブルクーラントによる加工液の清浄化法と最新応用例」

14:00~14:40 産業技術総合研究所 高橋正好氏 
    「マイクロ・ナノバブルの最新事例」