豊田バンモップス株式会社
株式会社豊幸
株式会社ナガセインテグレックス
株式会社ジェイテクト
三鷹光器株式会社
エリオニクス
旭ダイヤモンド工業
株式会社 クリスタル光学
三井精機

イベント情報

【2022年8月26日ハイブリッド開催】第104回研究会「熱と光を使⽤した新しいツルーイング・ ドレッシング技術および砥⽯作⽤⾯の観察」

⾼精度および⾼能率の研削加⼯を実現するためには,砥⽯のツル-イングおよびドレッシングは,

極めて重要であり,常にその技術の進歩が必須となっている.近年,新たに研究開発が⾏われている,

レーザー光線および放電を⽤いた,ツル-イングおよびドレッシング技術が注⽬されている.

そこで,本研究会においては,専⾨家をお招きし,熱と光を使⽤したツル-イングおよび

ドレッシング技術およびドレッシング後の砥⽯作⽤⾯の観察に関する研究会を企画した. 

 

主 催 公益社団法⼈砥粒加⼯学会 次世代固定砥粒加⼯プロセス専⾨委員会

共 催 公益社団法⼈ 精密⼯学会 『超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専⾨委員会』

⽇ 時 2022年8⽉26⽇(⾦) 13:00〜17:00 

開催⽅式 PiO PARK(対⾯)およびCisco Webex Meetingによるハイブリッド形式で開催します.

〒144-0041 東京都⼤⽥区⽻⽥空港1丁⽬1番 4 号 HICity zone K HANEDA×PiO(ハネダピオ)

電話 03-5579-7971

2022年度 第1回講演・見学会:最新研磨技術に関する講演会 & ジェイテックコーポレーション見学会

砥粒加工学会2022年度 第1回講演・見学会では,最新研磨技術に関する講演会とともに,株式会社ジェイテックコーポレーションの見学会を行います.講演会では,難加工材料の高効率・高精度な表面仕上げ研磨技術を中心に,最新の研磨技術の動向について紹介いたします.見学会は,(株)ジェイテックコーポレーション様にご協力いただき,オプティクスに対する原子レベル研磨技術などについてご紹介いただきます.砥粒加工学会の会員・非会員を問わず,砥粒加工に関わる研究者や技術者のご参加をお待ちいたしております.なお,講演会はオンラインでも配信いたします.

2022年 (公社)砥粒加工学会賛助会員会 第1回技術交流会のご案内 『パワー半導体と砥粒加工 その1』 ーパワーデバイス(化合物半導体)の加工理論と最新加工技術ー

【主旨】 砥粒加工学会賛助会員会では,砥粒加工をはじめとしたものづくり技術に関する現状の課題や今後求められる技術について,研究者, 工具メーカ,機械メーカ,ユーザなどの異なった立場から語り合う場として技術交流会を開催しています.今回は,「パワーデバイス(化合物半導体)の加工理論と最新加工技術」をキーテーマとして,関連する3件の話題提供をいただくとともに,話題提供者を囲んでディープディスカッションを行います.化合物半導体は新たなパワーデバイス用材料として高い注目を集めています.パワーデバイスのこれまでの開発と今後の期待, 加工理論,最先端の取り組みについて産・官・学の方からご講演いただきます.活発で有意義な技術交流会とするために,賛助会員の皆様はもちろんのこと,このテーマに関心をお持ちの幅広い分野の技術者・研究者の皆様にご参加いただきたく,よろしくお願い申し上げます.
【日時】  2022年7月22日(金)    13:30~17:00   (13:00 開場予定)
【会場】  Cisco Webex Meetingを用いてオンラインを開催いたします. 
【内容】    13:30~13:35    開会挨拶

関西地区部会 令和4年度第1回研究会開催のご案内

関西地区部会主催の令和4年度第1回オンライン研究会を,SPring-8の産業応用事例と,これらを支える材料・技術の最新動向と題して企画を致しました.放射光に関わる分析評価,X線ミラー,研磨法の最前線を知ることのできる,またとない機会です.関西地区部会の皆様はもちろんのこと,本テーマに関心をお持ちの幅広い分野の技術者・研究者の皆様にご参加を頂きたく,宜しくお願い申し上げます.

◆日 時:2022年 (令和四年) 7月7日(木) 13時00分~15時50分
    ※12:40よりWebex開場予定.

◆開催場所:Cisco Webex Meeting を用いてオンライン開催いたします.

◆内 容:

  13:00~13:05 開会挨拶 関西地区部会長 岡山大学 大橋 一仁

  13:05~13:55 基調講演「SPring-8と産業利用事例の紹介」
         (公財)高輝度光科学研究センター 佐藤 眞直 氏

  14:00~14:50 企業講演「最先端放射光用X線光学素子の製作技術」
         ㈱ジェイテックコーポレーション 金岡 政彦 氏

第23回KENMA研究会【難研磨材の結晶成長から粗加工~仕上げ加工まで】開催ご案内

2015年2月,(公社)砥粒加工学会に「研磨の基礎科学とイノベーション化専門委員会」が設立されました.本専門委員会では,「温故知新」の名言に倣い,研磨の歴史・ノウハウ・技術伝承の在り方を探り,そこから次代に向けた課題の明確化とその解決手法開発に取り組むことを目指します.第23回研究会を【難研磨材の結晶成長から粗加工~仕上げ加工まで】と題して開催いたします.多数の皆様のご参加をお待ちしています.

第1回 アフタヌーンセミナー「半導体・機能薄膜  デバイス研磨技術の 最新動向」開催(オンライン)のご案内

砥粒加工学会では,加工プロセスの最新動向を発信する新たな企画として「アフタヌーン(イブニング)セミナー」をスタートします.今回はその第1回として「半導体・機能薄膜デバイス研磨技術の最新動向」と題したセミナーを企画しました.半導体は今何かと話題に挙がる非常に注目度の高い材料ですが,その研磨(平坦化)の難易度の高さは皆様の知るところとなっています.本セミナーではこの半導体デバイスの研磨技術に焦点をあて,3つのユニークなプロセスについてご紹介します.

北陸信越地区部会 令和4年度 第2回研究会開催のご案内

 

趣  旨

砥粒加工学会北陸信越地区部会の企画として,令和4年度「第2回研究会」を下記のとおり,Zoomによるオンラインで開催いたします.このたびの第2回研究会では,【質感・機能表面とその評価・創成手法】と題して開催いたします.砥粒加工学会の会員・非会員を問わず,砥粒加工に関わる研究者並びに技術者の交流を目指していますので,多数の皆様のご参加をお待ちしています.

【2022年6月10日ハイブリッド開催】第103回研究会「技術・技能継承について現場が取り組んでいること~人間の知能・腕前とIT化・全自動化との融合~」

従来、日本の製造業は、技術者・職人の経験や知覚に基づく加工技術により「品質の作り込み」

「普通とは一味違う仕上がり」を実現し、高い品質と性能が世界から認められ優位性を保ってきた。

一方、近づく労働人口減社会を見据え、IT化、全自動化などの対策が積極的に進められている。

これらの導入により、技術の継承は可能になるが、属人化している技能を継承することについては

別の工夫が必要であると考えられる。技能継承の如何によっては日本の製造業の競争優位性が

損なわれてしまう可能性がある。