東芝機械株式会社
http://www.toshiba-machine.co.jp/jp/index.html
豊田バンモップス株式会社
株式会社豊幸
株式会社 クリスタル光学
株式会社ジェイテクト
三鷹光器株式会社

イベント情報

【2018/11/30】バリ取り加工・研磨布紙加工技術専門委員会 第3回研究会 “日本塑性加工学会関西支部とのコラボ”

日本塑性加工学会関西支部の企画による第31回技術研修会に対して全面的に協力することによって実現したものであります。本セミナーでは,バリ取り・エッジ仕上げ法の基礎技術から最新技術やエッジ品質について講演するとともにそれらの応用事例を紹介する.話題提供後には,各講師への技術相談の時間や名刺交換の機会を設け,今後へのビジネスチャンスの契機となる機会にしていただきたいと思います.

第12 回研究会【研磨工具の接触点解析とその場観察から考える研磨メカニズムとその評価】開催ご案内

2015 年2 月,(公社)砥粒加工学会に「研磨の基礎科学とイノベーション化専門委員会」が設立されました.本専門委員会では,「温故知新」の名言に倣い,研磨の歴史・ノウハウ・技術伝承の在り方を探り,そこから次代に向けた課題の明確化とその解決手法開発に取り組むことを目指します.第12 回研究会を【研磨工具の接触点解析とその場観察から考える研磨メカニズムとその評価】と題して開催いたします.多数の皆様のご参加をお待ちしています.

日 時:2018 年11 月27 日(火)13:00~20:00
(研究会・・・13:00~17:20,拡大技術交流会・・・17:40~20:00)

【申込締切:11月2日(9日)】平成30年度第2回研究・見学会のご案内

(公社)砥粒加工学会北陸信越地区部会では研究・見学会を下記のとおり開催することになりました.このたびは,ウォータージェット加工機,高圧洗浄機,工作機械からセルロースナノファイバーまで,幅広い分野の製品開発・製造をなされている(株)スギノマシン様のご協力を得て,技術講演会と工場見学会を開催いたします.水を利用した加工技術の最前線を知る良い機会です.砥粒加工学会の会員・非会員を問わず,砥粒加工に関わる研究者並びに技術者の交流を目指していますので,多数の皆様のご参加をお待ちしています.

第44回グラインディング・アカデミー開催のお知らせ

砥粒加工学会では,加工技術の基礎から最新技術までを理解するための入門教育講座として「グラインディング・アカデミー」を定期的に開催しています.切削,研削,研磨,工作機械の分野の第一人者によるわかりやすい講義は,毎回ご好評をいただいております.今回は,研磨加工の基本原理から現場で必要な知識までを詳しくご講義いただきます.もう一度学習したい技術者や新入社員,大学院の学生の皆様方の多数の聴講をお待ちしております.また,本講義は教育に重点を置いた教材を使用いたしますので,学校教員の皆様の教育手法の向上セミナーとしても十分活用できる内容になっております.

 

◆会場: 福岡工業大学 α棟4階多目的ホール

〒811-0295 福岡市東区和白東3丁目30番1号

【2018/11/09】 関西地区部会 産学連携フォーラム ~産業界のニーズから探る将来技術~

砥粒加工学会関西地区部会の平成30年の節目のイベントとして,産業界と大学等の研究機関の技術者・研究者の情報共有化,交流の場として,産学連携フォーラムを企画いたしました.テーマを「産業界のニーズから探る将来技術」として,自動車,航空宇宙,精密機器,情報光学機器,工作機械などの主要産業の技術動向を各界の技術者の皆様からお話ししていただき,産学の技術者・研究者で意見交換し交流を深める場としたいと思います.

【2018/10/30】バリ取り加工・研磨布紙加工技術専門委員会 平成30年度第2回研究見学会 “DEBURRING IN HAMAMATSU”

近年ロボットビジネスやアルミダイカスト部品のバリ取りが盛んな静岡県浜松市を訪問し,3件の講演とバリ取り・エッジ仕上げを実施する装置メーカー2社を見学させていただくことになりました.皆様にはご多用のこととは存じますが,多数ご参加下さいますようご案内申し上げます.

【2018年10月26日開催】第81回研究会「自動車の電動化によるパワートレイン生産技術の変革~急激に加速する EV シフトへの対応~」

ヨーロッパ、中国を主導に世界で今、ガソリンやディーゼル等の内燃機関を用いた自動車から電気自動車に移 行する“EV シフト”が加速している。そのため、自動車メーカのみならず、部品メーカ・工作機械メーカでもEV 用製品の研究や生産の強化に取り組むようになっている。 今回の講演会は、自動車メーカからの EV に求められる要素技術に関する総論に対して,産学が取り組んでい るEV シフトに対応するパワートレイン生産技術の最新動向を紹介する。

主 催:公益社団法人砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会

日 時:2018 年 10 月 26 日(金) 13:00~17:00

会 場:日本大学駿河台キャンパス 1 号棟 4 階 142 教室

〒101-8308 東京都千代田区神田駿河台1-8-14 電話:03-3259-0514(庶務課)

https://www.cst.nihon-u.ac.jp/campus/surugadai/

交 通:JR 中央・総武線「御茶ノ水」駅 下車徒歩3 分

   東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅 下車徒歩3 分

   東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水」駅 下車徒歩5 分

平成30年度 オープンセミナー 「超精密加工の複合化」

近年,自動運転技術の普及に伴い車載用光学部品の需要が急激に高まっている.材料に着目すると,これまでの樹脂製からガラス製へと置き換えが進み,超硬やセラミックス製金型の複雑高精度化が進んでいる.この対策として,ダイヤモンド工具を用いた超精密切削や超精密研削および超精密研磨に,超音波やプラズマといった新たな場を複合することで高精度かつ高能率な加工が行えることが報告されている.これら“超精密+複合”加工の最先端の情報について,国内外の研究者より講演いただく機会を作りました.みなさま奮ってご参加ください.

 

◆日  時:平成30年10月26日(金)  13時00分~17時00分(12時30分より受付開始)