豊田バンモップス株式会社
株式会社豊幸
株式会社ナガセインテグレックス
株式会社ジェイテクト
三鷹光器株式会社
エリオニクス
旭ダイヤモンド工業
株式会社 クリスタル光学
三井精機

【2022年6月10日ハイブリッド開催】第103回研究会「技術・技能継承について現場が取り組んでいること~人間の知能・腕前とIT化・全自動化との融合~」

従来、日本の製造業は、技術者・職人の経験や知覚に基づく加工技術により「品質の作り込み」

「普通とは一味違う仕上がり」を実現し、高い品質と性能が世界から認められ優位性を保ってきた。

一方、近づく労働人口減社会を見据え、IT化、全自動化などの対策が積極的に進められている。

これらの導入により、技術の継承は可能になるが、属人化している技能を継承することについては

別の工夫が必要であると考えられる。技能継承の如何によっては日本の製造業の競争優位性が

損なわれてしまう可能性がある。

そこで、今回は技術継承,技能継承について、人間の持つ知能や技と先端テクノロジー両者の融合を

戦略的に進めている産学からの話題提供を基に,日本製造業の将来像を議論したい.

主 催:公益社団法人砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会

日 時:2022年6月10日(金) 13:00~17:00

開催方式:PIO PARK(対面)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で開催します。

〒144-0041 東京都大田区羽田空港1丁目1番 4 号 HICity zone K HANEDA×PiO(ハネダピオ)

電話: 03-5579-7971 https://www.hanedapio.net /piopark /

講演者には開催前の状況により, リアルか Web のどちらでの講演かを選択して頂きます。

※Web開催に関する詳細情報は、参加ご希望の方に後日通知いたします。

 

13:00~13:05  開会挨拶 山田委員長

13:05~14:00  講演1 継ぐ技とテクノロジーの融合

パンチ工業株式会社  及川 水輝

14:00~14:55  講演2 「工作機械における技術・技能の継承について

三井精機工業株式会社  向井 良平 氏

14:55~15:10 <休 憩>

15:10~16:05  講演3 「バフ研磨技術のデジタル化・見える化と研磨技術教育への活用

株式会社松一 松澤 正明 氏

16:05~17:00  講演4 【総括と展望】「技能・技術のデジタル化・見える化を活用した

技能・技術教育への展開 ―結晶粒超微細化と研磨仕上がり面への影響―」

兵庫県立大学 鳥塚 史郎 氏

17:00~17:05  閉会挨拶・事務連絡 山田委員長

参加費 

・研究会:当専門委員会会員:無料,非会員:15,000円 ※会員は5人まで、非会員は2人まで

研究会に参加できます。ただし、パソコンの接続数に限りがございますので、当面は2台/社

とさせて頂きます。 なお、会員に限り、参加状況によっては3台まで接続が可能な場合もございます。

ご希望の会員は専門委員会事務局(田附)までご相談下さい。

・技術交流会:オンライン開催時には中止とさせていただきます。ご理解のほどお願い致します。

(注)「会員」とは専門委員会会員を指します。学会員ではございませんのでご注意下さい。

申込締切日:2022年6月3日(金)

(注)当日キャンセルの非会員には、すでに準備に費用がかかっているため参加費を請求致します。

問合せ/申込先:当専門委員会事務局 田附宙美宛

・FAX:048-829-7046,E-mail : sf-office@mech.saitama-u.ac.jp

・申し込み用紙はこちらから→http://spe.mech.saitama-u.ac.jp/mysite5/application2020Web.pdf

 

開催日
2022/06/10 (金)
終了日
2022/06/10 (金)
時間
13:00~17:00
場所