豊田バンモップス株式会社
株式会社豊幸
株式会社ナガセインテグレックス
株式会社ジェイテクト
三鷹光器株式会社
エリオニクス
旭ダイヤモンド工業
株式会社 クリスタル光学
三井精機

【2022年10月14日ハイブリッド開催】第105回研究会「光学表⾯計測の最新技術と新展開 〜 砥⽯⾯・加⼯⾯の評価に向けた計測技術の新たな潮流 〜」

⾼精度・⾼品位加⼯への要求の⾼まりを⽀えるように、光学による表⾯計測技術も進歩しています。

現在、加 ⼯表⾯や砥⽯表⾯の評価は様々なアプローチでされていますが、光学表⾯観察は⼿軽で

ありながらも、多様な 対象に対応可能という魅⼒があります。本研究会では、光学計測の

エキスパートをお招きし、光学表⾯形状計測 の基礎やそれらの応⽤事例についてご講演

をいただきます。

光学表⾯形状のトレンドや、光学計測の新展開に ついて、参加者の皆様と研究を深めること

ができればと思います。

主 催 公益社団法⼈砥粒加⼯学会 次世代固定砥粒加⼯プロセス専⾨委員会

日時 2022 年 10 ⽉ 14 ⽇(⾦) or 21 ⽇(⾦) 13:00〜17:00

会 場 TKP神田駅前ビジネスセンター カンファレンスルーム5C

〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町2丁目2−1 三井住友銀行神田駅前ビル 5F

電話︓ 03-5298-2680

https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/bc-kanda-ekimae/access/ + Cisco Webex Meeting(Web)

のハイ ブリッド形式で開催します。

※ 講演者には開催前の状況により, リアルか Web のどちら での講演かを選択して頂きます。

13:00〜13:05 開会挨拶  委員⻑ ⽇本⼤学 ⼭⽥ ⾼三

13:05〜13:55 講演1 「レーザ励起蛍光による工具刃先形状の機上計測」

⼤阪⼤学 ⾼⾕ 裕浩 ⽒

13:55〜14:45 講演2 「レーザプローブによる表面形状評価の原理と応用事例」

三鷹光器(株) 三浦 勝弘 ⽒

14:45〜15:05 <休 憩>

15:05〜15:55 講演3 「ラマン分光法の基礎と加工面評価をはじめとした応用事例」

株式会社レニショー 未定 ⽒

15:55〜16:45 講演4 「直径1.5mmの内視鏡OCT(光干渉断層計)による顕微デジタルイメージング」

産業技術総合研究所 古川 祐光 ⽒

16:45〜16:50 閉会挨拶・事務連絡

参加費 当専⾨委員会会員 無料,⾮会員 15,000 円

※会員は 5 ⼈まで、⾮会員は 2 ⼈まで研究会に参加できます。

申込締切⽇ 2022 年 10 ⽉ 7 ⽇(⾦)

(注)当⽇キャンセルの⾮会員には、すでに準備に費⽤がかかっているため参加費を請求致します。

※Google Formあるいは申し込み⽤紙はこちら

→https://www.jsat-sf.jp/event.html

問合せ/申込先 砥粒加⼯学会次世代固定砥粒加⼯プロセス専⾨委員会事務局 ⽥附宙美様まで

お申し込み下さい。

FAX 048-858-3709,E-mail : sf-office@mech.saitama-u.ac.jp

開催日
2022/10/14 (金)
終了日
2022/10/14 (金)
時間
13:00~17:00
場所

東京都千代田区鍛冶町2丁目2−1